プロフィール

経歴
  • 昭和34年4月12日生
  • 鷹栖小学校・出町中学校・高岡第一高校・早稲田大学卒業
  • (株)ナイガイ入社 名古屋営業所勤務(S57〜)
  • (株)山田運輸に従事(S62〜)
  • 平成16年砺波市議会議員初当選 通算3期7年目
  • 平成23年富山県議会議員初当選
県議会では
  • 農林水産委員会 副委員長(H23.24)
  • 厚生環境委員会 副委員長(H22)
市議会では
  • 民生文教常任委員長(H20)
  • 総務文教常任委員長(H22)
  • 広報編集特別委員長(H18 H19 H21)
これまで関わってきたこと
  • (社)となみ青年会議所 副理事長
  • 富山県商工会議所青年部連合会 専務理事
  • 砺波市PTA連絡協議会 会長
  • 鷹栖小学校PTA会長
  • 出町中学校PTA会長
  • 砺波高校PTA会長
現在の役職
  • 出町中学校文化・体育後援会 会長
  • 鷹栖児童育成会 会長
  • 砺波市相撲連盟 会長
  • 砺波ラクビー協会 会長
  • 鷹栖口用水土地改良区 理事
  • 砺波工業高校教育振興会 理事
  • 富山県PTA連合会アドバイザー
  • 陸上自衛隊富山駐屯地協力会 副会長
  • 家族:父・母・妻・長女・長男
  • 趣味:読書、スポーツ観戦
  • 好きな言葉:頼まれ事は試され事
 「瘧師」名前の由来 ~Name Roots
  •  私の「瘧師」という苗字、初めてお会いする方には変わった名前ということで、しばし戸惑われることが少なくないのですが、ネットで調べると【全国順位】15,292位 【全国人数】 およそ400人のようです。特にこの「瘧」という漢字は普段なかなかお目にかかれません。訓読みすると「おこり」と読みます。これは昔の流行病(今でいうマラリア)を意味する言葉のようです。そこでこの変わった苗字の由来を紐解く資料を見つけましたので、ここで紹介させていただきたいと思います。

  • 出典;砺波市図書館蔵「となみ昔むかし」「鷹栖村史」より
    「瘧塚」
    むかし新左衛門と云う人の夢枕に山伏が現れ「われは汝の家の横を流れる宮川の堰にかかっているものだが、われを拾い上げて手厚く葬ってくれまいか。礼は必ずつかわす。」と告げた。翌朝堰に出てみると山伏の土左衛門があり、引き上げて塚を築き手厚く弔ったところ、かさねて夢枕に立ち、何回もお礼を言って瘧に大層よく効く妙薬の製法を授けました。瘧病は明治の中頃まで毎年流行したので、この妙薬は広く知られ喜ばれました。鷹栖に瘧師という姓がたくさんあります。その先祖が新左衛門で、代々、薬の作り方を伝えたのだそうです。